top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【カニ】  >  ONE PIECE 第647話 「止まれノア」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。 第9話 「naked king」 感想 | topページへ戻る | WORKING'!! 第9話 「愛はこんなにグローバル」 感想

このページのtopに戻る

ONE PIECE 第647話 「止まれノア」 感想 2011-11-27

『週刊少年ジャンプ』2011年51号掲載の感想です。
ネタバレ注意!

てなわけで色々と決着した訳ですが…。
ジョイ・ボーイの名前がここで出てくるとは予想外。

ますます謎が深まっていくなぁ。
ジョイ・ボーイって海の森にあるポーネグリフの作者と思われていた人物ですよね。
何者かに向けた謝罪文を刻んだ人物。

どんな内容なのか分かりませんけれど、これを書き残した人物は
勝手に大昔の人間だと思っていたのですね。
ポーネグリフ(歴史の本文)って”失われた歴史”の事について書かれているとか
そんな感じだったような記憶がありまして。

う~~んと。
800年前世界政府が生まれた時に滅んだという王国。
そして、その前の100年を指す「失われた100年」。
この両者には密接な関わりがあり、王国の誕生から滅亡までの100年間が世界政府によって
抹消されているのだと思うのです。

何故政府がそんな事をしているかと言うと、まぁ、普通にその王国を滅ぼしたのが現・世界政府
だからなのかなと。
このあたりの事は、色々な人が様々なメディアを使って考察されている事なのだと思うのです。
私もちらっと読んだ事があるような気がしますし、さしあたって珍しい考察でもなんでも無いかと。

で、ポーネグリフとは、この期間の歴史…つまりは失われた王国に関わる歴史について
書かれているものだと思っていたのです。
だから、ポーネグリフの著者も当然その時代の人間なのではと思っていたのですが…。

今回のネプチューンや海王類たちのセリフから察するに、ジョイボーイって
少なくともここ100年以内の人間なのかもとか思って混乱しております。
若しかしたら代々リュウグウ王家に口伝として伝えられた「約束」なのかもしれませんけれども。

ジョイボーイって何者なのか。
ノアって一体なんなのか。
益々訳わからなくなりました。


ついでに…「ワンピース」って、やはり上記の失われた王国の事なのでしょうか?
恐らくですけれど、大昔って、全ての島が一つの巨大な大陸だったのではないかと。
現実で言うところのゴンドワナ大陸(大陸移動説)みたいなものと同じで。

島同士が磁力によって繋がっているというのは、もともと一つの大陸であった
証左でもあるような気がします。
まぁ、これも多くの方が考えている事なのかもですけれどねw

おっと。
殆ど本編に触れていないw
まぁ、本編はノア止まったね。良かったねという内容ですので、
特段書く事も無かったので、まぁいっかなぁとw

ではでは。
今回はここら辺で。
ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

君と僕。 第9話 「naked king」 感想 | topページへ戻る | WORKING'!! 第9話 「愛はこんなにグローバル」 感想

このページのtopに戻る

《漫画》ONE PIECEの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。