top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画感想【カニ】  >  To LOVEる-とらぶる-ダークネス 番外編第3話 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想 | topページへ戻る | 輪るピングドラム 第19話 「私の運命の人」 感想

このページのtopに戻る

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 番外編第3話 感想 2011-11-19

『とらダク』番外編第3話「Body touch?~ニャンダフルライフ~」 感想です♪
過去感想はこちら!⇒前ブログ「シュミとニチジョウ」

という事で、全ては矢吹センセの目次コメの一言
「今回は本編第43話と対になるお話」
これだけで説明できるお話でした(笑

48話というと、ララの発明でリトが犬になって、偶然出会った春菜に家まで連れて行かれ、
シャワーで体を洗われちゃうってお話でした。
確か2話構成でしたっけ?アニメ2期でも取り上げられていたエピだったような。


今回は逆に春菜がララの発明品で猫になっちゃったという回。
で、リトに体を洗われちゃうと笑)

もうね、話の流れがやたらスムーズですよねwww
春菜猫になる⇒猫だと言葉が通じないと気付く⇒動物としゃべれるナナの元へ行こう!
⇒ナナはリトの家にいる!⇒リトに捕まる
という。

何の違和感もなく自然とリトと戯れるようになっているというw
でもつくづく思いますよね。矢吹先生は変態やわぁって(笑)
猫の体になっているのに、体を洗われて「そんなとこ触らないで」みたいなことを
春菜に言わせちゃうとは。

でも、ただ矢吹先生がエロいと考えるのは失礼ですよね!

一般誌…なかでも中学・高校生が対象と思われる雑誌の中で、
どれだけの表現が可能なのか。

その限界を探り、ギリギリのラインを見極めようとしている探究者。
それが矢吹先生の実際だと思いますね!
少年誌のエロ道の限界を見極める仕事人。それが矢吹先生なのでしょう!(ぇ


冗談はさておき、非常に番外編らしいお話でした。



■言及リンク
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/blog-entry-1293.html
ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想 | topページへ戻る | 輪るピングドラム 第19話 「私の運命の人」 感想

このページのtopに戻る

《漫画》ToLOVEる-とらぶる-ダークネスの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


春菜はやっぱり「はえていた」!リトとのソーププレイもあるとらダク番外編!

ネタバレ注意! 2011年ジャンプSQ.19秋号に掲載の「To LOVEる」番外編でついに…!  春菜主役回が実現しました。「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」になりまして、やや不遇な扱いを
To LOVEる -とらぶる- 考察: 2011-11-19

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。