top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【共同記事】  >  Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン 第3話 「街中の遊撃手」 感想 | topページへ戻る | 輪るピングドラム 第14話 「嘘つき姫」 感想

このページのtopに戻る

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想 2011-10-16

物凄い知略戦が行われるのではないかというそんな期待感が持てた第3話。
そして、ついに始まった第4次聖杯戦争。サーヴァントたちのバトルも楽しみですね!
Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想です。



bdcam 2011-10-16 06-49-13-352
<カニ>

いきなりのアサシン殺害(という言い方で良いのかな?)という展開で、
切嗣の好敵手となるのではと思っていた綺礼は一体どうなるのかと思っていたのです。
まさかこれが作戦だったとは!

どうやら自分以外の英霊の素性というのは、他の参加者には分からないみたいですね。
だからアサシンが複数いるという事実は、綺礼しか知り得ない情報。

アサシンが殺られ、綺礼はレースから退いたと誰もが思ったところで、
闇討ちするという事なんですね。
まさしく闇に紛れたわけで、「暗殺者」の性質をフルに生かした作戦ですよ。

切嗣がどこまでこの作戦の裏を読めるのか。
それが実に気になります。

ちゃんと裏がある事が分かるようになっているとは思うのですよね。
アサシンというのは、闇に紛れてターゲットの虚を突いて、仕事を成すのが生業です。
それなのに、いくら宵闇の中とはいえ「敵地」に正面から堂々と乗り込むのはやはり納得いきかねる。
そんな点に気付ければ、「アサシン殺害」の裏が読めるのかもしれませんね。

んで、気になるのは「この事をどこまで時臣は知っていたのか」です。
もちろん綺礼と「共闘」関係である時臣は知っていたと考えるのがシンプルです。
でも、アサシンが実は複数いることを知らなかったら?

この作戦の”表向きの”意図が、上記の私の思う事以外にあるとしたら…。
例えば、「時臣の英霊の圧倒的な実力を他の参加者に見せつけるため」なんていう
建前が存在していたら…。

その為に、綺礼が犠牲になると時臣に進言すれば彼はその言葉を真に受ける気がするのです。
共闘関係を結んではいるものの、時臣と綺礼の力関係は平等では無いですからね。

まぁ、そんな事は無いでしょうけれど、だとしたら面白いなぁと。
この場合時臣は綺礼がホントに敗退していると思っている訳ですからね。

兎にも角にも今後、とても面白い心理戦・頭脳戦が展開されるのではという期待感を
持たせてくれるものでした。
(この例え、自分で書いといてなんですが結構無理があります。
時臣が綺礼を敗退させてまで、自分の英霊の力を誇示する利点が見られないからです。
そんな事するくらいならば、綺礼をずっと生かしていた方が時臣にとっては得ですからね。)

さてさて。
アイリスフィールさんに関して少しだけ。
聖杯戦争の為に産み落とされ、聖杯戦争の為に死ぬ運命。
なんとも悲壮感溢れる女性だと思っていたら、ホムンクルスなんですね(汗
公式見てビックリしました。

この世界観でのホムンクルスというのが、どういった定義なのかは分かりませんけれど、
人間の女性と同じと考えて差支えないのだと思えます。

そんな彼女。
そりゃ生まれてからずっと城に軟禁されますよね。

初めて訪れた城以外の場所。
初めて見た風景。
そのすべてが新鮮で、掛け替えのない風景に見えるのでしょうね。

凄く切ないシーンでした。
切なさをより一層引き立たせていたのが、英霊の設定ですね。
この世に顕現する前に、一通りの常識を”インプット”されるという事で、
セイバーは非常に落ち着いていました。

それが非常に切なさを煽るんですよね。
ここでセイバーも一緒になってはしゃいでいたら、楽しげなシーンになったのでしょうけれど、
彼女は終始冷静でしたから。

この戦争の最中、死を迎える運命だというアイリスフィールさん。
それでも今を精一杯楽しもうとする姿勢には胸を打たれます。
だから切嗣さん。
協力者らしき女性とキスとかしてないでぇ。




<晶>

物語はそこまで進んでいない感じではあるのですが、
次はどうなるんだ!?という感じで、引きがやっぱりこの作品は上手いですよね。
ついに甲冑に身を纏ったセイバー。ランサーとどういったバトルを繰り広げていくのか、
次回も楽しみです。まさかいきなりここでやられたりもしないでしょうしねw

やはりアサシンはやられていなかったのですね。
これに気付いたマスターは一体何人いることやら。少なくとも怪しいとは思っても、
アサシンの特殊能力自体にはたどり着けそうにないですよね。
切嗣もマスターが綺礼と知ったからこそ、念を入れた感じでもあったと思います。
またライダーなどは、別に死んでいようが生きていようが知ったことではないという
豪胆さを見せていましたね。向かって来る者は叩き切るのみ!なんかかっこいいじゃないですか。
ウェイバーにしてみれば、無策で突っ込むこと自体が恐怖でしかないのでしょうが、
いつかイスカンダルのような心の余裕を身につけていくのでしょうか。

しかし王は王でも、アーチャーは時臣ですら手を焼いていそうですね。
単独行動スキル、などというものがあるのですね。セイバーにも騎乗というスキルがあり、
そういえばアサシンも気配遮断のスキルがある、と語られていましたっけ。
他のサーヴァントにも何かあるんでしょうね、そういうのが明かされるのもまた1つの楽しみですよねw
ギルガメッシュは時臣に飽きたら、いつでも裏切りそうなものなんですが、
令呪を持っていても、例えば超遠距離から攻撃されたらお終いのような気もします。
このアーチャーの動きは要注意になりそうですね。マスターの資格を持ってさえいれば、
召喚した英霊でなくても、他の英霊と協力して聖杯を手に入れる、なんてこともできそうです。
そういえばマスターがやられてしまったら、それと同時にサーヴァントも消えるんですかね?
だったら易々と裏切ることは無理なのか・・・他のマスターから魔力供給とかすれば大丈夫なのかな?

切嗣はアイリと別行動で、相棒の舞弥とキス・・・っておいおい(汗)
でもワルサーに相談するスピードが衰えていたり、というのは
切嗣が幸せな時間を過ごした結果でもあるのですよね。
それが切嗣には嬉しくもあり、そして志半ばで力を失いかねないことに寂しくもあり。
世界の幸せ、とでも言えばいいのでしょうか、それを求めているのに自分の幸せは求めてはいけない。
それがまたなんとも辛い形ですよね。そしてアイリを最後には失ってしまう。
イリヤを抱くことに抵抗を感じていた切嗣ですが、その理由もなんとなく察せられるというものです。

でもアイリはそれをわかっているんですよね。だから納得している。
まぁ本当は寂しいでしょうし、一緒に町を見て回りたかったのでしょうが、
そんな思いが彼を苦しめるのがわかっているから我慢する。我慢できるのでしょうね。
愛ですね、愛。彼女は本当に強い女性だと思います。
初めての外の世界、外の街、外の景色。そして最後になるものたち。
せっかく来たのだから楽しまないと、という彼女の言葉はまた違って聞こえてきますよね。

さて次回はランサーとの戦いになると思われますが、
相手は2つの槍を構えていましたよね、元となった歴史上の人物、もしくは神話の人物は誰なのかな?
ライダーがその人物の装備していた武具などが宝具となる、といったようなことを言ってましたし、
そこからマスターに相手の正体がバレる事もあるのでしょうね。
その英霊の特性がわかれば対処もしやすいでしょうし、そういった情報戦、
知略もこの作品の見所になっていくでしょうか。ますますアサシン向きだな、こういうの(^-^;)
なんにしても次回も楽しみですね! 

ではでは。
ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

境界線上のホライゾン 第3話 「街中の遊撃手」 感想 | topページへ戻る | 輪るピングドラム 第14話 「嘘つき姫」 感想

このページのtopに戻る

《アニメ》Fate/Zeroの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

こんにちは~、コメント失礼しますm(_ _)mペコリ
色んなブロガー様のところへトラックバックを送信していたら、すぐさまトラックバック返しが着ててビックリ!
ちょうどいいので、早速コメント書き書きでございますw

カニさんへ

アサシンさんが続々と姿を現すシーンは私も大変驚かされました!
というか、思わず吹きましたww
クラス「アサシン」らしい特殊能力だとは思いますが、アサシンさんが実は複数で1つだという事はさすがに時臣も知ってるんじゃないかなぁと思ってます。
おそらく、綺礼さんのサーヴァントが他のマスターたちを退場させていく様をゆったりと見物しようとしてるんじゃないでしょうか(´ω`)
もし綺礼さんが時臣を裏切るような事があれば(というか、裏切りそうな雰囲気全開ですがw)、油断しきったタイミングを見計らってるのかもしれませんね~。

またアイリについてですが、言葉の節々から滲み出る切なさに胸打たれましたよ…
生まれながらにして運命が決まってるって、とても辛いですよね(>_<)
それでも今を精一杯楽しみ、切嗣さんと共に誰もが幸せを感じ取れる世界を創り上げようよする彼女は強い心を持った人なんだなぁと感じました。
聖杯を勝ち取っても自分は死ぬ運命だと分かっていながらそこまで行動できるなんて、ステキすぎますよ。。。
そんな彼女だからこそセイバーも背中を預けられるんじゃないだろうかと思いつつ、次回も楽しみにしながら待つことにします(´∇`)


晶さんへ

>そういえばマスターがやられてしまったら、それと同時にサーヴァントも消えるんですかね?

ずっと前にウィキ先生を流し読みしただけなので間違ってるかもですが、マスターがやられてしまうとそのサーヴァントも消えてしまうようですね~。
でも、やられた瞬間に消えるんじゃなくて、少しタイムラグがあるらしいです。
確かマスターを通して現界時に消費される魔力が供給されるから、その魔力が尽きるまでは存在できるんじゃなかったっけ。
そういった理由があるので、アーチャーは時臣がどれだけ疎ましい存在になっても裏切る事はないんじゃないかなぁと…
でも、この両者は性格的に後々軋轢が生じてしまいそうですよねw
お互いにプライド高く、傲慢な人物のようですから(^-^;)

それにしても、切嗣さんははたして幸せを心の底からかみ締められる日が来るんでしょうかね?
辛い時は素直に誰かを頼ったっていいのに、というかそうするべきなのに、今回の話を観ていると色々と誰にも話せず抱え込んでいるような気がします。
アイリ&セイバーのパートと切嗣さんパートの温度差が凄まじくて、観てて心苦しかったですし…
きっとアイリを悲しませないために何も話さないんでしょうけど、そういうのってなんか悲しいですよね。
アイリと絆が生まれてきたっぽいセイバーが、切嗣さんを救う架け橋にもなってくれたらいいのですが。。。


せっかくの共同記事ですので、お二方にそれぞれ違う内容のコメントを書いてみましたw
その代償としてありえないぐらい長文になってしまってますけど、許してくださいね(何

ではでは~。

コメントの編集

>Plutorさん

>Plutorさん
Plutorさん、こんにちは。
カニです。初めまして。
コメントありがとうございます~!

> カニさんへ
>
> アサシンさんが続々と姿を現すシーンは私も大変驚かされました!
> というか、思わず吹きましたww
> クラス「アサシン」らしい特殊能力だとは思いますが、アサシンさんが実は複数で1つだという事はさすがに時臣も知ってるんじゃないかなぁと思ってます。
> おそらく、綺礼さんのサーヴァントが他のマスターたちを退場させていく様をゆったりと見物しようとしてるんじゃないでしょうか(´ω`)
> もし綺礼さんが時臣を裏切るような事があれば(というか、裏切りそうな雰囲気全開ですがw)、油断しきったタイミングを見計らってるのかもしれませんね~。

本当に驚きましたw
アサシン居すぎだろうと思いましたもの。

時臣の件ですが、そうですね。全て知っているものと思います。
でも、Plutorさんの仰るように綺礼が裏切りそうな雰囲気をぷんぷんさせていますので、
既にその為の布石を打っていても面白いかなと考えて記事にしちゃいましたw

> またアイリについてですが、言葉の節々から滲み出る切なさに胸打たれましたよ…
> 生まれながらにして運命が決まってるって、とても辛いですよね(>_<)
> それでも今を精一杯楽しみ、切嗣さんと共に誰もが幸せを感じ取れる世界を創り上げようよする彼女は強い心を持った人なんだなぁと感じました。
> 聖杯を勝ち取っても自分は死ぬ運命だと分かっていながらそこまで行動できるなんて、ステキすぎますよ。。。
> そんな彼女だからこそセイバーも背中を預けられるんじゃないだろうかと思いつつ、次回も楽しみにしながら待つことにします(´∇`)

全くですね。
本当に気丈な心を持った女性だと思います。
今回英霊にも明確な意思があって、マスターに背いた言動を見せる事も出来ると分かりました。
(これはマスターや英霊自身の力量によるのでしょうけれど)

そんな中、セイバーは自分のマスターでは無いアイリさんに仕えているという点を考えるに、
彼女への強固な信頼・絆というものが透けて見えるような気がします。


ではでは。
後程晶さんもコメント返してくれるかもですので、
その際はまたご訪問頂けると幸いです。
コメントありがとうございました。

コメントの編集

>Plutorさん

>マスターがやられてしまうとそのサーヴァントも消えてしまうようですね~。

ああ、やっぱりそうでしたか。記憶が曖昧でどうだったかなーと思っていました。
まぁアーチャーが裏切る可能性は0ではなさそうですしね、
仮に他のマスターが魔力供給をできたりするのであれば、その問題は解決ですし・・・
どうやって時臣が令呪が切れた時に彼をたしなめるだけのメリットを提示するか。
この二人の動きは今後に大きくかかわってきそうですね。

>切嗣さんははたして幸せを心の底からかみ締められる日が来るんでしょうかね?

この辺りは話が進まないとなんとも言えないですが、
もしかしたら切嗣はもう幸せをかみ締めた、と感じているのかもしれません。
アイリと出会って、イリヤという子供まで授かって自分の手で抱くことができた。
だからそれでいい。でもやっぱりそれが残っているんですよね。だからちょっとだけ弱音が出た。
どのみち、切嗣もアイリもお互いを案じているのは確かなはずですから、
また何かしらのイベントはあるでしょう。それに期待したいですね。

わざわざ二人に向けてのコメントありがとう&お疲れ様です(^-^;)
こうしたコメントも新鮮で面白いですねー、またお時間のあるときにでもお願いします(笑)

ではでは。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


Fate/Zero 第3話

Fate/Zero 第3話 『冬木の地』 ≪あらすじ≫ 全てのサーヴァントが召喚された晩、綺礼はアサシンに遠坂時臣の暗殺を命じるが時臣のサーヴァント・アーチャーによって返り討ちにあう...
刹那的虹色世界: 2011-10-16

Fate/Zero 第03話 感想

 Fate/Zero  第03話 『冬木の地』 感想  次のページへ
荒野の出来事: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 『冬木の地』

いよいよ始まる――第四次聖杯戦争が 私に、勝利を―――。
ティンカーベルをください: 2011-10-16

Fate/Zero 第三話 冬木の地

Fate/Zero 第3話。 偽装の脱落者、そして聖杯戦争が真の意味で幕を開ける―――。 以下感想
窓から見える水平線: 2011-10-16

Fate/Zero第3話「冬木の地へ」

 最後のサーヴァントキャスターが、現代に召喚され7人の魔術師とサーヴァントが揃った。それが発端となり、綺礼が持ち駒アサシンに結界が張られている遠坂邸へ侵入し時臣抹殺を命...
アニメフレッシュエクスプレス: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

『遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師・言峰綺礼は
Spare Time: 2011-10-16

『Fate/Zero』第3話『冬木の地』レビュー♪(今回は『セイバーVSランサー』決戦前までの話でした!ただ3話で大きく動かしてくるかと思ったのですが今までどおりの落ち着いた展開でしたね・・・)

今回は2011年秋アニメ 私的注目度2位 : 『Fate/Zero』 第3話 『冬木の地』 レビュー♪ &nbsp; &nbsp; 奈須きのこさん原案の『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)を描いたスピンオフ
私的UrawaReds&SubCul: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

 Fate/ZERO3話。聖杯戦争の舞台となる冬木市に各陣営が集まりだし、いよいよ聖杯戦争が本格的に始まろうとしていました&amp;hellip;。最後に残るのはどの陣営になるんでしょうか&amp;hellip;...
コツコツ一直線: 2011-10-16

Fate/Zero 3話感想

遠坂邸に忍び込もうとしたものの、あっさり返り討ちに遭ったアサシン。でもどうせ生きてるんでしょ〜などと私は前回述べたのですが、事態は想像の斜め上でした! サーヴァントを失
つぶかぼアニメ感激ノート: 2011-10-16

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第3話 「冬木の地」 感想

第四次聖杯戦争、開戦―
wendyの旅路: 2011-10-16

【Fate/Zero 第三話 冬木の地 感想】

来週が楽しみすぎる!!! でも単なる繋ぎでなくて、アイリスフィールに対するセイバーの気遣いがマジイケメンだった!!! この二人大好きだよーーー
ようちゃん×ようちゃん: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

風が強いなあ こんばんわ、Misetuです アサシン死んでなかったのね ていうかアサシンの数多いな(^ω^;) 1人のマスターにサーヴァントは1人までだから、アサシンの宝具は自分の
ゆらゆら気ままに: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

「アイリスフィール、       私の背中は貴方にお任せします」 とうとうバトル展開も間近で本格的に盛り上がってきた! この導入の3話は比較的静かな序章だったけど各キャ
ムメイサの隠れ家: 2011-10-16

Fate/Zero #3「冬木の地」感想

ギルガメさんこんにちはアサシンとアーチャーはさっそく戦いをしていたのですが何やら様子がおかしいですね実は一体ではなく多数存在するので本来だとアウトみたいですけど此度の戦...
サブカルなんて言わせない!: 2011-10-16

Fate/Zero 3話「食事にセックス、眠りに戦。何事についても存分に愉しみ抜く。それが人生の秘訣であろう」(感想)

スコープの先に見える 宮切嗣には何が見えているのか。 前回終わり間際に始まった戦いの一幕は 各陣営の動きを活発化させました。 ウェイバーとライダーのやり取りが面白いです
失われた何か: 2011-10-16

Fate/Zero第3話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/10/fatezero-e2a2.html
うたかたの日々別館: 2011-10-16

「Fate/Zero」第3話

セイバー、ランサーとのバトルへ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160001/ Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4) ...
日々“是”精進! ver.A: 2011-10-16

Fate/Zero 第03話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第三話 冬木の地脱落したに見えたアサシンしかしそれは時臣と言峰の予定通りのものだった…アサシン脱落はライダーのマスターであるウェイバーにもわか...
まぐ風呂: 2011-10-16

Fate/Zero 3話感想

「この私に勝利を!」
ノウネインの異世界ブログ: 2011-10-16

Fate/Zero 3話

情報を制する者は戦を制す。 というわけで、 「Fate/Zero」3話 権謀術数の巻。 正面切ってのぶつかり合いすら、作戦のうち! 観察されてることを逆手に取った、偽りの戦端。 な
アニメ徒然草: 2011-10-16

『Fate/Zero』 第三話「冬木の地」 ― 僕らのアサシンが死んだはずなかったんや!

最弱が最弱が最弱が最弱が最弱がもっとも恐ろしいマギィィーーッ!         l::::::::::::::::::/ \             _,./   ':::::::::|         |::::::::::::::::....
不定形爆発 Ver.2.0: 2011-10-16

Fate/Zero #3

【冬木の地】 Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)著者:虚淵 玄講談社(2011-03-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 帰りたい、イギリスに帰りたい・・・ 
桜詩〜SAKURAUTA〜: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

「この世の全ての財宝はオレのもの」 なんたる強欲! 英雄王ギルガメッシュまじジャイアン!(゚Д゚) 聖杯を手に入れたらなんでも望みが叶うんですよね? 今までの勝者はどんな
空色きゃんでぃ: 2011-10-16

Fate/Zero 第03話 『冬木の地』

全て予定通りの筋書き。裏切って遠坂邸を襲撃し、返り討ちにあったアサシン。まさか第二話で一人脱落なんて事は・・・と思ったら言峰綺礼は協会に駆け込んだ。でもここまで全部お芝...
こいさんの放送中アニメの感想: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

第4次聖杯戦争のセイバーは、イケメンですね。 このセイバーが、後々に腹ペコセイバーになろうとは……。 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その
ひえんきゃく: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話「冬木の地」感想

時臣「計画通り!」
らび庵: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 冬木の地

最強の英霊である英雄王ギルガメッシュの召喚に成功した時臣ですが、全てが思い通りとはいかず、マスターと離れて行動出来る単独行動スキル保有のアーチャーとして現界し、その性 ...
ゲーム漬け: 2011-10-16

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第3話「冬木の地」 感想

アサシンの遠坂亭侵入により、戦端は開かれた。雰囲気的にアーチャーがラスボスなのか
くまっこの部屋: 2011-10-16

Fate/Zero 2話 「冬木の地」 (アニメ感想)

【あらすじ】 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失ったアサシンの魔術師・...
アルベロの雑木林: 2011-10-16

Fate Zero 第3話 「冬木の地」 感想

Fate Zero 第3話 「冬木の地」 感想 戦いの地へ―
かて日記-あにめな生活-: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

私の背中は貴方にお任せします――。 セイバーもついに来日し、第4次聖杯戦争も本格化! アーチャーにアサシンが撃破される!? 虚虚実実の情報戦の始まりですね(苦笑) ▼ Fate...
SERA@らくblog: 2011-10-16

Fate/Zero第3話「冬木の地」

 最後のサーヴァントキャスターが、現代に召喚され7人の魔術師とサーヴァントが揃った。それが発端となり、綺礼が持ち駒アサシンに結界が張られている遠坂邸へ侵入し時臣抹殺を命...
アニメフレッシュエクスプレス: 2011-10-16

Fate/Zero 第03話 「冬木の地」

アサシンの死亡はフェイクでした。 戦端になる以外にも監視などをしやすくするためですかね。 ただし切嗣は怪しいと考え教会に見張りをつけ、 ウェイバーはともかくライダーは関
バカとヲタクと妄想獣: 2011-10-16

Fate/Zero 第03話 「冬木の地」

アサシンの死亡はフェイクでした。 戦端になる以外にも監視などをしやすくするためですかね。 ただし切嗣は怪しいと考え教会に見張りをつけ、 ウェイバーはともかくライダーは関
バカとヲタクと妄想獣: 2011-10-16

Fate/Zero 第三話 「冬木の地」 感想

聖杯戦争本格始動。 ネタバレ注意 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通じて各魔術師たちにも知れ渡ることに。 また、英霊を失...
書き手の部屋: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

この私に勝利を! oath sign【期間生産限定版】(2011/11/23)LiSA商品詳細を見る
せーにんの冒険記: 2011-10-16

『Fate/Zero』 3話「冬木の地」

セイバーが素敵すぎて惚れ惚れする。 なんと…この終わりは…来週早く来い~
日刊 Maria: 2011-10-16

【アニメ】 Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 感想

  何事につけても存分に楽しみ抜く! それが人生の秘訣であろう! Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 の感想です。
この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・: 2011-10-16

Fate/Zero:3話感想

Fate/Zeroの感想です。 相変わらず引きが上手いなー。
しろくろの日常: 2011-10-16

Fate/Zero 第三話 「冬木の地」 感想

早くもアーチャーの正体まで明かされてしまい、正体バレるの早過ぎだろう!という声があると思われます。 正直stay naightでは真名バレは結構後です。 この作品で正体がバレないキャラ...
起源風景: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 感想

ギル様は相変わらず態度がでっかいなぁ… 態度が大きいだけにそれなりに実力もあるからねー アサシンをあんなにあっさり倒すなんて恐ろしいぜ いきなり裏切られるのも予定...
いらっしゃいだょ: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

いよいよ第四次聖杯戦争開幕。 本格的な戦いが始まり面白くなってきました。 そしてウェイバーとイスカンダルの関係が良かった。 この二人は見ていて面白いです。
でもにっしょん: 2011-10-16

『Fate/Zero』#3「冬木の地」

「これでほかのマスターたちは、 マダムをセイバーのマスターと思い込むことと」 綺礼のサーヴァントであるアサシンが、 遠坂のサーヴァント・アーチャーにあっさりやられてしま
ジャスタウェイの日記☆: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

MEMORIA(期間生産限定盤 )話はおもしろいんですが、多少は萌え要素がほしいかも(汗 今のところアイリしかいないのですが、彼女は人妻ですからねw
明善的な見方: 2011-10-16

Fate/zero #03 『冬木の地』 感想

  籠の中の鳥の如く、何を望み何を得る為に彼らはそこへ留まるのか。 多くの謎と思惑はさらに深まりつつ、いざ、開戦へ...
空深ク、彼方へ―: 2011-10-16

Fate/Zero#3「冬木の地」感想

「この私に勝利を。」本格的な戦いが始まった!!!「冬木の地」あらすじは公式からです。遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。その事実は、使い魔を通じて...
おぼろ二次元日記: 2011-10-16

感想はじめました。  Fate/Zero 「冬木の地」 第3話 感想

 「アサシンがやられたようだな」「ククク...奴は四天王の中でも最弱...」 なんなんですかこのアニメすっごい面白いし早くつづきが見たい。作品の設定からして、後半になってぐー ...
靴の先は二次元の入り口: 2011-10-16

Fate/zero~第三話「冬木の地」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第3話場面1 遠坂時臣&アーチャー 屋敷に近づいたアサシンを一瞬でなぎはらったアーチャーのギルガメッシュ。...
ピンポイントplus: 2011-10-16

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 感想

この作品はサーヴァントという英霊を通じてマスターたる人間の成長譚を描いた ものになるのではないだろうか? ライダーのマスターであるウェイバーを見ていると特にその様に感じま
サラリーマン オタク日記      : 2011-10-17

Fate/Zero 第3話「冬木の地」 レビュー・感想

アイリスフィール、私の背中はあなたにお任せします いよいよ開戦、しかし言峰綺礼のサーヴァント、アサシンの死亡はやはりフェイクでした。教会に表向き保護された彼は恐らく諜 ...
ヲタブロ: 2011-10-17

Fate/Zero 第3話「冬木の地」

アサシンさん多過ぎやろ!(何
惑星観測所の記録: 2011-10-17

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

「―――お招きに与るとする?」 「望むところです」 役者も揃い、いよいよ第四次聖杯戦争の幕が上がる―――― 会話劇主体のお話でもしっかり魅せてくれる「Fate/Zero」第3話の感
attendre et espérer: 2011-10-17

第3話 『冬木の地』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 セイバーさんが、イケメンすぎて惚れた。 そして、感想書く時間がなかなか取れなくて泣けた。書きた
冴えないティータイム: 2011-10-17

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

極大呪文グリーンリバーライト
すずきモノがたり: 2011-10-18

(アニメ感想) Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る 遠坂邸に侵入したアサシンはアーチャーの猛攻の前に息絶えた。 その事実は、使い魔を通...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人: 2011-10-19

Fate/Zero 第3話 「冬木の地」

ギル様のカッコ良さが天元突破ぁあああああ!!!!!!!!!!!!! 自分は5次の抜けてるギル様も好きなんですが、やっぱりこの人は慢心とか言いながらしっかりと王様してる4
日々前進: 2011-10-20

「Fate/Zero」 03話の感想

Fate/Zero 03話「冬木の地」、観ました。 遠坂邸に侵入したアサシンが、そのサーヴァントであるアーチャーによって瞬殺されたことは、使い魔を通じて各魔術師たちに知れ渡る。アサシン
最新アニメ・マンガ 情報局: 2011-10-29

◎Fate/Zero第三話「冬木の地」

トウサカトキオミは、アーチャーの英雄王ギルガメッシュを召喚に成功してた。この世の全ての財宝は俺のものいう。メンドクサイ人だった。アサシンがやられたとウェイバーがいうが、...
ぺろぺろキャンディー: 2012-02-06

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。