top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画感想【カニ】  >  To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マケン姫っ! 第1話 「天を契んだ日」 感想 | topページへ戻る | 侵略!?イカ娘 第2話 感想

このページのtopに戻る

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第12話 感想 2011-10-04

『とらダク』第12話「Bad mood~幸せの絆~」 感想です♪
過去感想はこちら!⇒前ブログ「シュミとニチジョウ」

今回は美柑にスポットを当てたお話。
結城兄妹ならではの心情描写ですよね。

リトと美柑。
この兄妹、兄妹であって兄妹では無いんですよね。
普通の兄と妹以上の絆で結ばれている。

それは彼らの家庭環境に原因があって、忙しすぎる両親が普段家に不在なため、
よりお互いの事を気にかけて成長してきた。

だから、リトから見て美柑は「娘」みたいなもので、自分がちゃんと育てなければという
想いが強いのだと思いますし、対する美柑は、リトを「息子」又は「父」として
見てきたのではないでしょうかね。

普段のぼや~っとしている時のリトは、美柑にとって手のかかる息子です。
自分がしっかりしなきゃという思いで、リトを支えてきた。
でも、いざという時のリトは、頼もしくも自分を守ってくれるお父さん。
全力で自分の事を思ってくれる大切なお兄ちゃんですよね。

これってやっぱり特殊な(一般的とは言いにくい)家庭環境のせいですよね。


解釈が間違っているかもですが、これまでの描写の積み重ねから
こういう背景が透けて見えるので、今回の話は非常に面白く思えました。

また、美柑の悩みを解決させたのが凛というのが憎いです。
凛もまた、沙姫達と特殊な関係を持って成長してきて、既にその事も描いているから、
言葉にも説得力が生まれるんですよね。

美柑にしてみれば、凛の背景は知る由もない事だと思うのですが、
その言葉から滲み出る「何か」を感じとったんじゃないかなぁと。
この人も自分と同じような立場にいるのだと。


さてさて。
以前も書きましたけれど、今作は本編「To LOVEる」とは物語を描いている視点が違いますよね。
本編においては、リト目線で物語を描いたラブコメであって、
今作は各ヒロインに目線を持たせたラブコメです。

同じラブコメでも、これだけで雰囲気ががらっと違いますよね。
本編は、ドタバタギャグ中心にラブコメ。
対して今作は、しっとりとした心情ベースのラブコメ。

同じラブコメでも全然違っているのですが、それでも同じ作品として見れるのは、
リトを「誰からも好かれる主人公」として一貫させているからだと思うのです。

本編1巻の作者コメントだったと思うのですが(違っていたらゴメンナサイ)そこに

「リトを読者から好かれる主人公にするように徹底的に気を使って描いている」

というようなコメントがありました。
この事を本編に於いて本当に丁寧に守って描いていたと思うのです。

本編3年ちょいの積み重ねがあって、読者も(少なくとも私自身は)リトを好きでいられるから、
彼の事を慕うヒロイン達の心情をベースとした話を見て、
今作を楽しむ事が出来ているのだと思います。

だってヒロインが慕っている男に魅力がなかったり、嫌っていたら
彼女らの想いが理解できずに、楽しめなくなると思いますもの。


ホント、読み応えのある作品ですね。
あ。エッチィ事にも触れないとですかね(汗

取りあえず美柑の想像の中のモモの絵はアウトでしょうwww
なんか尻尾で隠しているようでしたが、あれ隠れてないですし(汗
絶対わざとなんだろうなぁwww
なにがどうわざとなのか、詳細に書くとマジでアダルト認定されかねないので、
気になる方はSQ買って読んでね。

もしかしたら11月4日発売の3巻に今回のお話が掲載されるかもなので、
それまで待っても良いとは思いますが。
ま、これを読んでくださっている方は既に本誌で読まれているのでしょうから、
とっくにあの絵をご覧になられているとは思いますが。



■言及リンク
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/blog-entry-1273.html
ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

マケン姫っ! 第1話 「天を契んだ日」 感想 | topページへ戻る | 侵略!?イカ娘 第2話 感想

このページのtopに戻る

《漫画》ToLOVEる-とらぶる-ダークネスの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


とらダク12話 正常位挿入でモモの「スジ」がハッキリ!小学生美柑の乳首もバッチリ!

ネタバレ注意!   「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第12話が掲載されています、ジャンプスクエア2011年11月号が近所でもう発売されていました。  Trick or Treatという感じの美柑+
To LOVEる -とらぶる- 考察: 2011-10-04

To LOVEる −とらぶる− ダークネス 第12話「Bad mood〜幸せの絆〜」の感想

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 11月号 [雑誌](2011/10/04)不明商品詳細を見る  まあ最近はモモがリトの布団に忍び込んでエロいことヤるのはすっかりおなじみのこととなってきたわけです
To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記): 2011-10-04

別館の予備(銀魂&JSQ)

10月5日 銀魂&JSQ TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11034118775/2abb419e
スポーツ瓦版: 2011-10-05

銀魂&JSQ

はギャルゲー回だが 俺はギャルゲー全く興味が無く 渡鬼が最終回なり放送の様で 病気& 可哀想だけど ...
別館ヒガシ日記: 2011-10-05

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。