top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【カニ】  >  輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero 第1話 「英霊召喚」 感想 | topページへ戻る | 2011年夏季アニメ総括 その2 晶編

このページのtopに戻る

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」 感想 2011-10-01

ようやっと見たので感想です!
前半最後でまさかの展開でしたね。

いや~。まさか陽毬がここでこうなるとは。
ただ、色々と分かって来ましたね。

プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが何者なのかは分からないですけれど、”これ”が
現世に存在するには、命?が必要で、1話で冠葉の中から抜き取っていたのは、
それだったようですね。

その命でこれまで生きていたけれど、今回それも尽きてしまったと。
ピングドラムとは、永久的な命(動力源)の事?いや、違うかぁ。

そして、衝撃だったのはやっぱり高倉家の両親の秘密ですね。
まさか犯罪組織の幹部だったとは。

ということはですね、これまでの事も結構整理出来そうでもあります。
以前の私のブログで、感想としてこのような事を書いていました。

引用
で、今回ふと思ったのが、このマークについて。
これまでペンギンのマークって2種類出て来てるんですよね。

3匹のペンギンたちが送られてきた段ボールに印字されていたマーク。
ピングループなる巨大なグループ企業のマーク。
陽毬の掛かり付けの病院のマーク。

これらのマークは全て普通のペンギンの顔を模したモノです。

そして、2つ目が顔に斜線が入り、半分が黒く塗りつぶされたペンギンのマーク。
これが使われているのは、
・第4話のスカンクの背中に入れられていた刺青(?)
・夏芽真砂子(ENDクレジットより。堀江さんがCVのキャラです)の銃だかボウガンだかの武器?の弾
 に刻印されていたマーク
・冠葉が手にしていた封筒(謎の人物から受け渡された大金の入った封筒だと思われます)に
 印字されていたマーク
・冠葉父が着ていたジャケットの背中に印字されたマーク

今の所ざっと見返した感じこんなところです。

こうしてみると、明確な意思の元使い分けられている気がしてなりません。
ピングループなんていういかにもな企業名が本筋に関わっているのではとか思ってもいましたが、
そちらは何か無関係な気がしてきました。
重要なのは後者。白と黒で塗られたペンギンのマークが入った方かもしれませんね。
とすると、冠葉は偉く危ない所からお金を受け取ったようで。
どういった経緯で、そのような事となったのか気になりますね。



普通のペンギンのマークを冠したピングループと
半分が黒く塗りつぶされたペンギンのマークを冠した犯罪組織。
この2つの組織がバックにいるのかなと。

もしかしたら、この2つの組織は元々一つなのかもしれませんね。
それが犯罪を行ってでも平和を勝ち取ろうとする強硬派と
それに反する穏健派に分かれた…とか。

冠葉達のもとにペンギンを送ったのが穏健派のピングループで、
一方で彼らは犯罪組織にお金を工面してもらって生活を維持している。
ピングループとしては、そんな状態の冠葉たちを救い出したいのかもしれません。

とすると、必然的にプリンセス・オブ・ザ・クリスタルは、ピングループ側になりそうです。
彼女の目的もまた、高倉兄弟を親の敷いたレール(運命)から救い出す事ということとなり、
だとするとピングドラムとは、犯罪組織を壊滅させる証拠の類なのかなとか。

桃果の日記には、実は組織の壊滅に繋がるような事が書かれているのかもw


ちなみに、夏芽マリオのペンギン帽は、犯罪組織が制作したものかなと思っています。
ピングループと元々一つの組織なのだと仮定すれば、その頃の技術だと考えれば
おかしいことは無いのかなと。

まぁ、上の妄想全てがおかしいとは思いますが。


それにしてもこのアニメは、どうしても感想と言いつつ、妄想垂れ流しの駄文になってしまいますね(汗
次回以降この点なんとかしましょう。
ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

Fate/Zero 第1話 「英霊召喚」 感想 | topページへ戻る | 2011年夏季アニメ総括 その2 晶編

このページのtopに戻る

《アニメ》輪るピングドラムの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

ペンギンマークは三種類ですよ。
目の周りが白いの
全部黒いの
白黒塗りわけ

コメントの編集

Re:

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> ペンギンマークは三種類ですよ。
> 目の周りが白いの
> 全部黒いの
> 白黒塗りわけ

あぁ、しまったw
今回の高倉父の組織のマークがイワトビペンギンに似た
真っ黒なマークでしたね。

このマーク、他にも使われているのかもですが…。
真っ黒ペンギンマークは昔の犯罪組織のマークで、
白黒ペンギンマークが現在の組織のマークとかですかね。

それとも
白黒マークが一番最初のとある団体のマークであって、
それが真っ黒のマークを使った犯罪組織と、白いマークを使ったピングループに
分かれたとか…。

いえ。何でも無いですw

ご指摘ありがとうございました。
また何かございましたら、その時も宜しくお願い致します~。
ではでは~。

コメントの編集

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


輪るピングドラム 第12話 「因果律 - law of causality -」

いんがりつ 【因果律】 すべての出来事は、ある原因から生じた結果のすがたで、 その間には一定の必然的関係があり、原因がなくては何ごとも起こらない、という原理。 もし桃果の...
物理的領域の因果的閉包性: 2011-10-01

【輪るピングドラム 第十二話 僕たちを巡る輪 感想】

今更ながら「ピンクドラム」じゃなくて「ピングドラム」だと気付いた(えー 今回は1クール目の終わりとしては、締めに入ったと言うよりさらに謎が深まったという感じで、どんどん
ようちゃん×ようちゃん: 2011-10-01

輪るピングドラム12話「全ては『運命』と『輪る』につながる。サリン事件・エヴァ・95」(感想)

陽毬が愛おしいから、冠葉は命ですら差し出せる。 大きな運命の歯車に操られた彼ら彼女達の物語は 大きな転換点を迎えそうです。 地下鉄サリン事件・村上春樹などを扱う事で 今
失われた何か: 2011-10-01

輪るピングドラム 第十二話 感想

痺れるだろ? 「輪るピングドラム」第十二話感想です。 TCG万能プレイマット 輪るピングドラム(2011/11/12)ブロッコリー商品詳細を見る
知ったかアニメ: 2011-10-01

輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」 レビュー・感想

「神様、どうして陽鞠を選んだんですか・・」 だって、罰は一番理不尽じゃないとね。 1995年のあの事件は高倉剣山と千江美が指導的幹部である組織が起こしたものだった、と ...
ヲタブロ: 2011-10-01

【輪るピングドラム】12話 陽毬は一時退場なのか完全退場なのか気になるな

輪るピングドラム #12 僕たちを巡る輪 859 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 04:18:54.49 ID:o1LH3BJC0 謎だらけの時が一番面白いんじゃないか 850 ...
にわか屋: 2011-10-01

輪るピングドラム第12話『僕たちを巡る輪』の感想レビュー

物語の折り返し地点でヒロイン再死亡だと…!?な、驚愕過去開示回でした。 先週の時点でたくさんの方が気付かれていましたが、1995年の3月20日と言えば悪名高い地下鉄サリ
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中): 2011-10-01

輪るピングドラム 12話感想

サブタイトル「僕たちを巡る輪」 晶馬の告白→陽毬倒れる→救急搬送・手術→見守る晶馬&苹果。冠葉駆けつけるも→陽毬絶命 →童子を伴ってサネトシ登場 今回はいつも以上に回
つぶかぼアニメ感激ノート: 2011-10-01

輪るピングドラム 第12話 感想「僕たちを巡る輪」

輪るピングドラムですが、高倉冠葉たちの両親は95年の事件を起こした団体の指導的幹部だそうです。高倉父の精悍な顔つきはただものではない感じでしたが、この事件ではももかが死ん
一言居士!スペードのAの放埓手記: 2011-10-01

輪るピングドラム 第12話 『僕たちを巡る輪』

サリンのようでサリンじゃない。煙が上がってるということは、爆弾テロでしょうか。問題の事件はサリンを下敷きにした別物の様です。晶馬たちの両親は劇中で事件を起こした組織の幹...
こいさんの放送中アニメの感想: 2011-10-01

輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

ウサギまで出てきちゃったよどうしよう。
妄想詩人の手記: 2011-10-01

輪るピングドラム:12話感想

輪るピングドラムの感想です。 分かったようで分からない、そんな回(汗)
しろくろの日常: 2011-10-01

輪るピングドラム 12話

それは、禁断のリサイクル。 というわけで、 「輪るピングドラム」12話 生死流転の巻。 ペンギンマークのテロリズム。 や、やりよったぁ…。ほんまにやってまいよったでぇ…。...
アニメ徒然草: 2011-10-01

『輪るピングドラム』#12「僕たちを巡る輪」

「だって、罰は一番理不尽じゃないとね」 理不尽な運命の女神… なにやらアバンでは意味深なシーンが。 陽毬?の心電図が止まった際、病院には黒ウサギが二匹いて… なぜか心電
ジャスタウェイの日記☆: 2011-10-01

輪るピングドラム #12

【俺たちを巡る輪】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る だって罰は一番理不尽じゃない ...
桜詩〜SAKURAUTA〜: 2011-10-01

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

気になる16年前の出来事とは?「輪るピングドラム」の第12話。 苹果の姉である桃香が無くなった原因は自分の親にあると語り出す晶馬。 「第36次南極環境防衛隊」に参加してい
ゆる本 blog: 2011-10-02

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」 感想

陽毬の命が止まる。消える3号。切ないシーンで泣けてきました。 電源が落ちたようなバンクシーン。命が止まる瞬間を実感しますね。
ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記: 2011-10-02

輪るピングドラム#12

第12話 『僕たちを巡る輪』 ――チョイ拾い!!
インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜: 2011-10-02

[アニメ]輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

だって、理不尽の方が面白いじゃない。
所詮、すべては戯言なんだよ: 2011-10-02

輪るピングドラム #12「僕たちを巡る輪」MSA方式感想

この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。 エル「MSA ...
リバー オブ チェリー: 2011-10-03

輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

十六年前に起こった事件、それは晶馬たちの両親が起こしたものだった。 地下鉄での毒ガス(?)って よくもあのタブーな事件をモデルにしたものですね(汗) 桃果はその地下鉄に
SERA@らくblog: 2011-10-03

「 輪るピングドラム 」12話の感想

「 輪るピングドラム 」12話、観ました。 昔起こった事件で多くの人が死んだ。死亡者の中には、10歳になった苹果の姉、桃果も含まれていた。この事件を起こしたのは、犯罪組織の幹部
最新アニメ・マンガ 情報局: 2011-10-19

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。