top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【晶】  >  異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 感想 | topページへ戻る | 花咲くいろは 第14話 「これが私の生きる道」 感想

このページのtopに戻る

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想 2011-07-04

礼に始まり、礼に終わる。
異国迷路のクロワーゼ 第1話感想です。
「異国迷路のクロワーゼ」公式サイト


個人的には、夏季アニメの中で1番期待しているアニメかもしれません。
「異国迷路のクロワーゼ」がとうとう始まってくれました!
特にこの第1話は原作でも好きなエピソードの1つです!
湯音とクロードのファーストインプレッション。互いにとっての異国はどうだったのでしょうね。

パリという地で響く、下駄の音がなんとも言えない雰囲気を出していましたね。
パリジャンにしてみても、それは聞きなれない音でありますし、
舗装されていない道が普通の当時の日本においても、この音は新鮮ですよね。
本当にこの第1話は初めてがいっぱいだったと思います。
湯音もいろんなものに興味津々の様子でしたよね。

当時の日本の女性は強い印象がある僕ですが、
湯音もまたそんな女性の1人のような気がします。
いくら奉公をしなければならないとはいえ、異国の地へ赴き、
そして緊張はしていても、いろんなものに興味を持ち、知ろうとしている姿は
彼女の強さの現れでもあると思います。やっぱりどうしても人は未知のものに対して怖さがあるはず。
それでも彼女はこの地を選び、そして知りたいと思っている。
家族になりたい、と言っていましたよね。それはただ知りたいというだけではないはずですよね。
彼女の決意は母親の形見を売りに出したことからも伺えると思います。

そしてそんな湯音に戸惑っているクロード。
彼もまた、湯音というジャポネーゼだったり、着物や礼は初めてのこと。
そういう意味では湯音とクロードは主人と奉公人の関係とはいえ、対等なんですよね。
出会い頭から憎まれ口を叩いている彼でしたが、本当に嫌ならば
話しかけたりもしないはず。彼もまた異国に少なからず興味があるという証拠かもですね。

湯音が何も語らないのは、黙って主人についていくという精神からだと思いますが、
例えフランス語を理解していなくとも、クロードの不信感は感じたでしょうね。
だから掃除を始めたんだと思うんですよね。頑張るぞという気持ちもあるでしょうが、
私はこんなことができるということを示したかったのではないでしょうか。
不審を感じ取ったからこそ、まずは信頼されるように頑張りたいと思ったのでしょうね。

そんな彼がもっとも奇妙に見えたのが「礼」、お辞儀だったようですね。
確かに海外の方は馴染みのない仕草ですよね。
クロードはお辞儀を謝罪の意味合いが強いように感じてしまったようですが、
彼が部屋に入った時のお辞儀はいらっしゃいませの意味ですし、
よくよく考えてみれば、お辞儀もいろんな意味があるんですよね。
なんでも、海外の方は頭は下げても目は伏せないのだとか。そして相手の目を見る。
クロードがお辞儀はしても目を伏せず、湯音を目を見ていたのはそういうこともあるかと思います。

そして国のことはわからないが、お前の誠意は感じる、と。
だからこそお辞儀のなんたるかはわからずとも、こうして湯音にならってお辞儀をする。
彼のこのお辞儀は図らずとも正しい使い方であり、
申し訳なかった、ありがとう、よろしく頼むと意味が込められているんですよね。
そんな彼の姿勢が湯音にも通じたんですよね。初めて気持ちが伝わった瞬間だと思います。
これから、こうやってだんだん二人の距離が縮まっていくかと思うと
今後の展開が楽しみですねー。もちろんそれに応じて問題も起きていくのでしょうが、
二人なら乗り越えてくれると信じたいところですね。

それにしても音楽もいい感じですし、光の演出が素敵だなぁ。
ロアの歩廊はメインストリートの横道を入った所という感じだと思うのですが、
そんないつも光が当たるとは限らないような場所に差す光だからこそ、
何か特別なものを感じてしまいますし、例えば出だしで飛び立つ鳥だったり、
窓から差す光というのは、希望だったり好転を感じさせてくれます。
こういった演出の面でも、何か感じ取れたらいいなと思いますね。

いやー、面白かったです。
泣いちゃうかなと思っていたところで例によって泣きました(笑)
原作のストックがちょっと少ないかなと思いますので、
進行的にはゆったりと進むと思いますけれど、そのゆったりとした空気を楽しんでいきたいです。
今回もめまぐるしい展開というのはなく、むしろ20数分が長く感じられたのではないでしょうか。
それを退屈と感じてしまうか、心地よく感じるかは見る方によっても違うかと思いますが、
僕はこういうの好きですよ。それでなくても湯音の頑張りを見ていると微笑ましいですよね。
まだまだ魅力的なキャラクターやストーリーが展開されていくと思いますので、
期待しててほしいなーと思います。

ではでは。

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2011-09-21)
売り上げランキング: 8043



ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆるゆり 第1話 「中学デビュー!」 感想 | topページへ戻る | 花咲くいろは 第14話 「これが私の生きる道」 感想

このページのtopに戻る

《アニメ》異国迷路のクロワーゼの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


異国迷路のクロワーゼ 第1話「入り口」 感想

原作ファンとして映像化は素直に嬉しいですね。とはいえ絵に関しては原作のが美麗かも(笑)。うんまあその辺に関して言えば、武田日向の超作画には一歩追いついてない感じもしたけどこれはその内慣れるんじゃないかな、って思います。展開に関しても原作の...
超進化アンチテーゼ: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

着物ょぅι゙ょかわいい〜:*・゚(●´∀`●):*・゚キャラデザかわいいヽ(*・ω・*)ノヨーロッパの街並みもキレイ。BGMもいい雰囲気。美形男子もいる!ユネは働き者や〜偉いなぁ(●´∀`●)パリにやって...
空色きゃんでぃ: 2011-07-04

『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想

さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。
シュミとニチジョウ: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 湯音が可愛かったけけどクロードさんのイケメンぶりにもシビれた第1話

137 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:41.87 ID:RdosuHAlOこれがジャパニーズ土下座アニメだ
ϵ鴼: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』

何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履〜いてた〜、女の子〜。異〜人さんに連〜れられて、行〜っちゃった〜。  童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の?...
こいさんの放送中アニメの感想: 2011-07-04

新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話

パリにやって来ました詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.06.30メディアファクトリー (2011-09-21)...
日々“是”精進! ver.A: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ #01 『入口』

◆#01 『入口』長崎からパリに奉公に出てきた湯音。クロードに「ご主人様」と挨拶したらオスカーは、変態紳士よばわりされてしまう。
ゼロから: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」

 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。
つれづれ: 2011-07-04

[新]異国迷路のクロワーゼ The Animation #1「入口」感想

日本から見聞にやってきた湯音看板店店主のクロード看板娘の役割を果たせるか!湯音言葉が分からない遠い国で不安もいっぱいでしょうにクロードの店で看板を壊してしまいそのお詫びとして形見の着物を差し上げそれを売ってしまうクロード。言葉つらつらと出てきてすげー湯...
サブカルなんて言わせない!: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話

夏新番3つ目!!サトジュンのお名前が♪
LUNE BLOG: 2011-07-04

『異国迷路のクロワーゼ』#1「入り口」

「私ハ…このギャロリの家族ニナリタイ」原作未読。舞台は、19世紀末のパリ。日本に買い付けに来ていたオスカーが奉公先を探していた湯音と知り合い、我が家である鉄工芸品店「ロアの看板」に連れ帰ったようなのだが…
ジャスタウェイの日記☆: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。店主のクロードはびっくりですねw ▼ 異国迷路のクロワーゼ...
SERA@らくblog: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「一人の人の献身がすべての者に力と勇気とを与える」

"LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されているそうです...
スキマの美学: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 1話

日本流にて、つかまつる。というわけで、「異国迷路のクロワーゼ」1話振袖看板娘の巻。かっぽかっぽ。ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。When in Rome, do as the Romans do.郷...
アニメ徒然草: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

ARIA+びんちょうタンって印象でした。湯音ちゃんちっちゃ〜いかわええо(ж>▽<)y ☆サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。井上さんが総作監だけにクオリティ...
のらりんすけっち: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ #01「入口」

ゆったりと見れるハートフルドラマなアニメと言う感じでしょうね。ARIAやスケッチブック、たまゆらを連想させるようなそんな、素敵なアニメーション。嫁に伝えたい、教えたい、そんな感じの夏アニメ、異国...
AQUAを照らす月光: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」

応えるは信頼、目指すのは家族 どうも、管理人です。本日より本格的に夏アニメ感想を書いていこうと思います。定期更新一発目は「異国迷路のクロワーゼ The Animation」。原作ファンな管理人は手元に原作用意するなど、無駄に期待がふくらんどりますwそれでは、さ?...
戯れ言ちゃんねる: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ #1「入口」 感想

GOSICK……じゃなくて世界名作劇場、始まるよ!19世紀後半のパリ。時代の波に取り残された商店街、ギャルリ・ド・ロアに、ある日、ポクポクという聞きなれない足音が響きます。足音の主は、日本人の少女、...
書き手の部屋: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」 【感想】

「わたしは…このギャルリの家族になりたい」―― クロードの優しさを示す一枚の写真大らかで、飾り気のないその笑顔を知っている…。太陽のように温かくて、居心地の良いあの笑顔。嬉々とした表情で写真...
蒼のセレナーデ: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ第一話 感想

私はこのギャルリの、家族になりたい「異国迷路のクロワーゼ」第一話感想です。異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
知ったかアニメ: 2011-07-04

【異国迷路のクロワーゼ】1話 今期のヒーリングアニメっぽいな

異国迷路のクロワーゼ The Animation#01 入口 "Entrée"135 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:34.33 ID:FakRVwuj0とりあえず完走余裕っぽ...
にわか屋: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」 

異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日本人の少女を歓迎はしません。(以下に続きます)
一言居士!スペードのAの放埓手記: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」

これは良い雰囲気の癒しアニメ事前からそういうイメージで見てみたけど健気なヒロインや周囲の優しい人々との交流がいい感じでARIA(とはちょっと違うけど)みたいな作風イメージかも。湯音が頑張っているのを見て認めるクロードの場面など雰囲気を構成する各シーンの演出...
ムメイサの隠れ家: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ #01 『Entr'ee -入り口-』 感想

 文化の違う異国の地で育む人と人との絆と成長の物語。この溢れ出る癒しの雰囲気感が堪らなく素敵です。
隠れオタん家: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想

小さな大和撫子―
wendyの旅路: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話、「入口」。原作未読です。19世紀後半、パリの小さな商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア」にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」という鉄工芸品店に日本から湯音という女の子が奉公にやってきた...。
おちゃつのちょっとマイルドなblog: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

佐藤順一ワールド全開でした。『ARIA』『たまゆら』のような癒し系ですね。
隠者のエピタフ: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 1話「湯音が可愛い。もはやこれは常識!」(感想)

異国から来た少女と、信念を持つ少年の物語。言葉は伝わらなくても、何かは伝わる。そんな事がわかったお話だったと思います。サトジュンさんの仕事量に相変わらず感嘆しつつ、湯音の声優さんである東山奈央さんの活躍に期待したいです!! 
失われた何か: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話「入り口」

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話「入り口」です。 夏の
藍麦のああなんだかなぁ: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 1話「入り口」

文化の違い―。異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
新しい世界へ・・・: 2011-07-04

異国迷路のクロワーゼ 1話

丁寧に作られた感がものすごく好印象!
10+1次元の世界: 2011-07-04

(アニメ感想) 異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る19世紀後半のフランス、パリ。近代化の流れに取り残された小さな商店街、ロアの歩廊にある日小さな日本の少女が足を踏み入れた・・・↑ポチって押して頂ける...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

夏の新アニメ2本目。今期の癒し枠になってくれそうな作品です。ほう、シリーズ構成と
りおの何気ない日常: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話「入口」 感想

「そのときまで、俺がお前の信頼に足る人物かどうか、見届けてくれないだろうか。」相手の文化は全く知らない、だけれどクロードは一度フラフラながらも相手の土台に立って話をします。そしてこの言葉が今後の物語の鍵ともなっていくんでしょう…………いやあ、...
☆*Rolling Star*☆ 〜純粋に、純真に〜: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口」

湯音ちゃんが可愛すぎる♪
記憶のかけら*Next: 2011-07-05

【構成:佐藤順一×癒し♪】『異国迷路のクロワーゼ』第一話『入口 "Entrée"』レビュー♪(とても丁寧な作画で癒しの物語ですね!『ARIA』監督の佐藤順一さんが『シリーズ構成』なのも楽しみです♪

  クロードの 思いやり               何でもかんでも・・・ 謝ればうまくいくわけじゃない!                   &nbs...
私的UrawaReds&SubCul: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 

これは良い癒しアニメ夏の新番組第1弾「異国迷路のクロワーゼ」の感想。まさに日曜深夜を彩るに最適な清涼剤のようなアニメ。一発で気に入ってしまいました。それもそのはず、この作品には僕の...
attendre et espérer: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ 1話 入口

2011年夏アニメ第2弾は?中川かのん主演・・いえゆおんです。
しるばにあの日誌: 2011-07-05

クロワーゼ第1話印象を語ろーぜ

今期の癒し枠!「異国迷路のクロワーゼ」がとうとう始まりましたねー。日本から遠く離れたパリという異国に足を踏み出した湯音と、ジャポネーゼという異国の女の子と共に過ごす事になったクロードの物語。そんな二人がお互いを理解していく様子を、まずはお辞儀をし...
アニ☆ブロぶろぐ: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

2011年夏アニメ感想第1弾。今期は週ごとの記事数を増やすのが目標です。
妄想詩人の手記: 2011-07-05

異国迷路のクロワーゼ第1話感想

記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/07/post-6386.html
うたかたの日々別館: 2011-07-05

(感想)異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

異国迷路のクロワーゼ第1話「入口」異国の街に聞きなれないポクポクという音が響き渡る。その音は、まるでお人形のような小さく可愛らしいジャポネーズが奏でたものだった―。
aniパンダの部屋: 2011-07-06

異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口 - Entree」 感想

湯音が最高に可愛かったヽ(*´∀`)ノ19世紀後半パリへと渡った日本の少女湯音とアンセーニュ・ド・ロアの店主クロードとの出会いの話。文化的にも最高峰のフランスパリの描写や世界観が凄い好きです。
日刊アニログ: 2011-07-07

異国迷路のクロワーゼ 1

第1話 「入口 - Entree」 新作ラッシュ続きます。 これも原作知らずですが、なんとも異国情緒漂う雰囲気ですね。 と思ったら場違いなほど浮いてる着物少女。 これが新しいゴスロリでしょうか(笑) 舞台はフランス、怪しいヒゲおやじに連れられて来たようです。 ...
MEGASSA!!: 2011-07-07

異国迷路のクロワーゼ #01「入口」

武田日向原作漫画のアニメ化。終わったばかりのGOSICKのイラスト担当していた人ですね。あちらは小説なので、原作は別ですから違う感じになるのだろう。この作品でGOSICKのような超展開が起きたらもうげっそりだよ。とりあえず今後のレビューは保留。来週以降も新しく何本...
無限回廊幻想記譚−アニメ・映画感想−: 2011-07-07

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口 "Entrée"」

メディアラハン
すずきモノがたり: 2011-07-07

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話感想

第一印象は、フランス文化と日本文化の調和を試みた和洋折衷アニメ!
サイネリア〜わたしのひとりごと〜: 2011-07-08

異国迷路のクロワーゼ 1話 「入口」(アニメ感想)

私が非常に期待していた新作です。原作を知っているわけではないのですがPVを見たときからその雰囲気に引きこまれたのです。とにかくまず目が行くのはその背景の美しさです。パリの街並み、店の調度...
アルベロの雑木林: 2011-07-08

異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口」

フランスの町並みにジャパニーズ着物、違和感ありまくりんぐやわぁ(何
惑星観測所の記録: 2011-07-08

【新】異国迷路のクロワーゼ第1話「入口 "Entrée」レビュー

あらすじ19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の一画にある鉄工芸店『ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)』で働くことになった彼女の...
どっかの大学生の読書&ロッテ日記: 2011-07-08

天地開闢以来、日本にk奴隷なんて存在しません!「異国迷路のクロワーゼ」

奴隷という制度は日本以外の貨幣経済と家畜市場の発達した社会では必須のシステムです。ほんの数十年前まで北米大陸では奴隷制に基づいた差別が厳然として存在していました。そんな脛に傷もつ国家が南アフ...
Anime in my life 1号店: 2011-07-09

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想

時間が無くて、見るのが遅れていたのですが、ようやく見ました。そしてもっと早く見ればよかったと後悔。これは素敵な文化の接触の癒しアニメですね。19世紀後半のパリ。時代の波に取り残され...
ひえんきゃく: 2011-07-09

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想

素晴らしい癒しアニメですね。第1話 「入口」 感想は続きから
あめいろな空模様: 2011-07-10

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。