top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【晶】  >  戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイII  第9話  FLAG 9.0 「2年B組 長瀬先生」 感想 | topページへ戻る | アスタロッテのおもちゃ! 第9話 「微熱のバックスラッシュ」 感想

このページのtopに戻る

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」 感想 2011-06-07

心の狭さより深き黒い炎。
戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話感想です。
「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」公式サイトはこちら!URL


ミツヒデがいろんな人間の言葉に翻弄される様がなんとも面白かったですね。
そしてそんな彼女を利用しようと画策するマサムネ。
歴史上の大イベントであるこの話を見事に描いてくれたかと思います。
盛り上がりましたよねー!みんながみんな本当においしくもいいキャラクターですよね。

赤い月は不吉の兆しの印象が強いですが、まさにその通りになりましたね。
ミツヒデの不信は留まるところを知らず、ついに間違った方向へと向いてしまいました。
というわけで、歴史でもターニングポイントであろう「本能寺の変」が起きてしまいましたね。
これでもかこれでもかと煽られ続けたミツヒデさん。
彼女の心の弱さとノブナガさんを慕うが故の大騒動になったのですよね。

でも気持ちは充分に理解できますよね。好きな人に見てもらえない。
好きだからこそ不安になる。自分は必要ないのではないか、いらないのではないか・・・
彼女はいつもそれを心の隅っこにしまいながらも、そんなことはないと
ノブナガさんに尽くしてきたんだと思います。役に立ってさえいれば捨てられないと、
そうしていれば自分を見てくれると信じてここまでやってきたんでしょうね。

しかしそれはいつの間にか、愛情表現というより自己を守るためのものに
すり替わっていたんではないでしょうか。ヒデヨシに自分だけを見てくれる
ノブナガしか愛せないのか、と言われてハッとしていましたが、
ミツヒデはそんなノブナガを慕っていたわけではないはずですよね。
彼女の器の大きさや目的の大きさ、そんな人間としての大きさに惹かれていたはず。

炎の中に乗り込んでしまったヒデヨシを探すために自らも飛び込んでいったとき、
ノブナガさんに頭上の瓦礫から救われましたよね。
そこでもノブナガさんはミツヒデがこれをやったとは全く考えていない様子でした。
敵はどこだ!?と聞かれて、彼女は自分の小ささを思い知ったのでしょう。
自分がいかにノブナガを信じていなかったのかも思い知らされたのでしょうね。
敵は本能寺にあり、己の心中にいる。心中と見るとやはり「しんじゅう」を考えると思いますが、
今回の「心中乙女」は心の中、「しんちゅう」なのでしょう。
燃える本能寺はまさに彼女の心の中の嫉妬渦巻く世界でしたよね。

しかしこんなどシリアスな中にも笑いは忘れないようで(^−^;)
ヒデヨシはどうしたの?と聞かれて「あ・・・」と二人して、そういえばみたいな反応をしたり、
ミツヒデのキスをせがむあの顔は笑いましたね〜。
なんというか、ミツヒデが救われたことをさらに出すために
一気に暗い空気を吹っ飛ばしたかのような、ある意味急な笑える展開へ。
この流れは下手すれば白けてしまう事もあるかと思うのですが、
上手い展開の移りだったのではないでしょうか。

そしてマサムネの正体にヒデヨシが気付いたようですね。
実際、本能寺の変は改変されましたよね、これって。
史実では確かこの後、ヒデヨシがミツヒデを討ち取った展開のはず。
歴史どおりの流れなら、ヒデヨシが天下を取る流れです。
しかし真紅の甲冑をマサムネさんが奪い、それを掠め取ろうとイエヤスが出てくる始末。
これで未来にどういう影響がでてくるのか未知数ですよね。
そしてマサムネさんの「これで伊達家の悲願が・・・」というセリフも気になるところ。
なんというか、彼女はもう少し使命感的なものを持ってこの時代にやってきたのかと思ってたんですが、
先祖の宿願を叶えるという、ある意味自分のためにこの時代に来たんでしょうか。
ま、甲冑よりヒデヨシの命を優先する人物です。彼女の本心が知りたいところですね。

なんにしても面白かったし、面白くなってきました!
イエヤスさんの真っ黒っぷりを見ていると、ミツヒデの乱心なんて
まだまだ灰色みたいなもんだったぜ!と思わざるを得ませんね(笑)
非常に悪い顔をしてましたよね。ある意味清々しい悪役っぷりです。
このまま甲冑はイエヤスの物になってしまうのか、はたまたノブナガの奪取なるか。
次回の強奪というタイトル。誰が誰から強奪するのか楽しみですね。

ではでは。


戦国乙女〜桃色パラドックス〜一 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-07-06)
売り上げランキング: 432


アニメ 戦国乙女~桃色パラドックス~キャラクターアルバム
(アニメーション) 喜多村英梨(明智ミツヒデ) 國立幸(武田シンゲン) 平田裕香(伊達マサムネ) 持月玲依(今川ヨシモト) 日高里菜(豊臣ヒデヨシ) 明坂聡美(徳川イエヤス) 豊口めぐみ(織田ノブナガ)
ポニーキャニオン (2011-06-15)
売り上げランキング: 429


百花繚乱 戦国乙女 (1) 榛名伝承編
しなの ゆら
アスキー・メディアワークス

ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

神のみぞ知るセカイII  第9話  FLAG 9.0 「2年B組 長瀬先生」 感想 | topページへ戻る | アスタロッテのおもちゃ! 第9話 「微熱のバックスラッシュ」 感想

このページのtopに戻る

《アニメ》戦国乙女~桃色パラドックス~の関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


戦国乙女〜桃色パラドックス〜 10話 心中乙女 感想

歴史アニメでの悩みどころ。 史実にどこまで忠実に作るのか。 本能寺、眼前にあり。
KAZUの暮らし: 2011-06-07

戦国乙女 10話「ヒデヨシは1回。ミツヒデは12回」(感想)

今回を見て、改めて思いました。「戦国乙女を見て幸せだった」内容の充実度が半端ありません!!ミツヒデと同じく泣きました!!!面白すぎる、後半に向けての怒涛の展開。大河ドラマ・時代劇...
失われた何か: 2011-06-07

「戦国乙女 〜桃色パラドックス〜」第10話

ノブナガ、死なず詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106070000/戦国乙女〜桃色パラドックス〜一 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.06.02ポニーキャニオン (2011-07-06)売り上げランキング:...
日々“是”精進! ver.A: 2011-06-07

「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」第10話

【心中乙女】「敵は本能寺にあり」ミツヒデ、謀反!? Amazon.co.jp ウィジェット
ちぇっそもっさの四畳半: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話「心中乙女」

敵は本能寺にあり…?甲冑集めも終り安土に帰る途中、ノブナガ一行が泊まることになったのが本能寺。さすがのヒデヨシも名前に聞き覚えがあり、歴史の教科書で本能寺の変を思い出す! ▼ 戦国乙女〜桃...
SERA@らくblog: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 #10「心中乙女」

遂に訪れた本能寺!ミツヒデ決断の時! (`・ д・ ;)ア、アケリーン!    戦国乙女・第10話のぶっきら感想!!
ぶっきら感想文庫: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」 感想

ついに全ての甲冑が揃った! ノブナガ達は残りの甲冑が置いてある安土城へ。その途中、本能寺に立ち寄る一同。歴史が苦手なヒデヨシでも本能寺という言葉に聞き覚えが!歴史の教科書には「明智光秀が織田信長...
書き手の部屋: 2011-06-07

【戦国乙女】10話 ラストのとくにゃんの表情が最高だった

戦国乙女〜桃色パラドックス〜#10 心中乙女589 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[] 投稿日:2011/06/07(火) 02:26:29.90 ID:0O+6c1Db0コレが神回って奴なのかな。立ち会えて良かっ...
にわか屋: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 10話

教科書どおりになんて、なるわけない。というわけで、「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」10話戦国人工呼吸の巻。うわーん!あけりんが救われてよかったよー!報われてよかったよー!一キタエリ...
アニメ徒然草: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 『心中乙女』

いよいよ本能寺回が来ました。ミツヒデは、そしてヒデヨシはどうするのか。  ヒデヨシ一番ミツヒデ二番ノブナガが風呂に誘う順番です。目の前にミツヒデが居るのに、奥のヒデヨシから誘う。 流石にちょっと可哀想。ミツヒデの心がどんどん荒んで行く。 伊達マサ...
こいさんの放送中アニメの感想: 2011-06-07

(感想)戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第10話「心中乙女」

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜第10話「心中乙女」敵は、本能寺に・・・あり・・・。敵は、私めの、心のなかにあり・・・。
aniパンダの部屋: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」 感想

本能寺の・・・・変Σ( ゚д゚)!!?謀反ルートではなく心中ルートを選びました(^^;ヤンデレか。・゚・(つД`)・゚・。【関連サイト】http://sengokuotome.com/
Garnet Clover〜ガーネット・クローバー〜: 2011-06-07

戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」

心中なんて、あたしが許さない。
ハルソラ ~Spring Sky~: 2011-06-07

戦国乙女 第10話 「心中乙女」

大門ダヨ今回は「本能寺の変」かどうなることやら
バカとヲタクと妄想獣: 2011-06-13

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。