top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【晶】  >  もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 感想

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしドラ 第7話 「みなみは成果について考えた」 感想 | topページへ戻る | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第5話 「怪談乙女」 感想

このページのtopに戻る

もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 感想 2011-05-03

二階くんが報われたのは素直に良かったー。


「もしドラ」公式サイトはこちら!


もしドラ 第6話感想です。
後半に向けて、また少し動き始めましたねー。
とはいえ、2日開いたせいなのかいまいち理解しにくい(^−^;)
これを毎日放映するのは辛いと書きましたけど、実は逆だったかもしれない。
そうでないと話についていけないかも。マネジメントらしさがどこがかよくわからなくなりますね;

とりあえず今回は新入生が来るということで、
それに伴う現状の変化にどう対応するのかということでしょうか。
そしてみなみに次の公式戦のメンバーの選出の手伝いがきましたね。
ますますマネジメントチームの仕事が増えていってますね。
そこでみなみが思いついたのが、トップマネジメントなんですね。

なんか口で説明されてもあまりよくわかんなかったのですが、
ようはその分野で得意とする人をリーダーにおいて、その仕事に集中させるということかな?
そしてそのリーダーは他分野に意見は述べても決定権は持たない。
つまるところ、今までに語られたその人の強みをより生かすということなのでしょう。
マネージャー多いなぁと思ってはいましたが、多いからこそ分担できるし
意見もその人数分あるということですよね。
今まではみなみのワンマンよりなところも少なからずあったかと思いますが、
それではみなみがどうにかなってしまいます。
みなみたちマネジメントチームが横一線となって、互いの意見を交えつつ
それぞれの分野での決定をしていく。そんなところでしょうか。

そしてみなみは選手の評価を担当することになりましたね。
しかし彼女はどうしても選ばれなかった人のことを考えてしまうのですよね。
自分の過去がまた少しネックになっている感じですね。これは終盤までついてまわりそうです。
そこでみなみは恒例の面談で選手の評価をし、今後、この野球部が行っていく作戦に適した
メンバーを選出。残念ながら外れてしまった子は他の部活に推薦するという方法を取りました。
面談というマーケティングをすることで、彼らの強みを知り、
その強みが最も生かされる最適な場所に彼らを置くことで、働き甲斐、価値を与えさせる。
そして野球部1強とならないように、他の部活にも人を回していく。
マネジメントらしい手法かな、と思います。

しっかし、これミスったんじゃないか?と思ったのは、
夕紀のお見舞い面談の人数を減らしたことですね。
みなみは夕紀の体調を気にしての判断だったのでしょうが、
これは彼女の働き甲斐を損ねる形となったかと思います。
よくよく考えれば、みなみは夕紀にはマーケティングをしていませんよね。
彼女は何を求めているのか?彼女の最適は何か?
みなみ1人ではどうにもならなくなってきている野球部のマネジメント。
夕紀の存在をもう少し考えるべきかなと思いますね。

でも二階くんがキャプテンに選ばれて良かった!
マネージャーとしても充分な働きを見せていましたけど、キャプテンに選ばれるとは驚きです!
甲子園に行きたい!一番強く思っていたのはきっと彼でしょうからね。
泣きながらユニフォームを受け取ってる彼の姿はいい絵だったなぁ。
実力社会で自分がメンバーに選ばれないのは仕方ないことだ、と半分諦めていましたからね。
今度はマネージャーとしてだけではなく、キャプテンとしてその強みを生かせるのでしょうか。
今後の二階くんも楽しみです。

ではでは。




もしドラ page:1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-05-27)
売り上げランキング: 1522

ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

もしドラ 第7話 「みなみは成果について考えた」 感想 | topページへ戻る | 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第5話 「怪談乙女」 感想

このページのtopに戻る

《アニメ》もしドラの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


もしドラ 6話「組織に大事なのは最大ではなく最適。つまりパレート最適」

キャプテンに任命されて、男泣きする二階君。部活でユニフォームをもらえると嬉しいですよね。男泣きしたくなるのもわかります。 自分も部活でユニフォームをもらえた時は嬉しかったです。そんなことを思い出させてくれました。 
失われた何か: 2011-05-03

「もしドラ」第6話

ここは「もしドラ」第6話のミラー用の記事となっています。マネージャーがキャプテンにレビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105030003/もしドラ page:1 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.05.02...
日々“是”精進! ver.A: 2011-05-03

もしドラ 第6話 みなみは戦略と現状について考えた

 カスタード味のおむすび。
つれづれ: 2011-05-03

もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」

もし松下幸之助とドラッカーがマネジメントで勝負をしたら?(2011/04/21)大西 宏商品詳細を見るもしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 感想
ムメイサの隠れ家: 2011-05-03

もしドラ 第6話「みなみは戦略と現状について考えた」

あらすじ(公式サイト)四月となり、三年生になったみなみたちは甲子園出場をかけた最後の夏までのわずかな期間を有効に使うために『ノーバント・ノーボール作戦』にポイントを絞った練習を始める。そんな...
GaRyu: 2011-05-03

もしドラ 第6話 感想

いやはや、マネージャーの権力が絶大なものになってきましたね。 とうとう人事権まで手に入れてしまったとは! これで ますます程高野球部の命運は みなみにかかってきた様に思います。 人事の発表は監督からというのが、みなみの手腕の高さを物語っていますね。 今回 …
サラリーマン オタク日記      : 2011-05-03

もしドラ 第6話 『みなみは戦略と現状について考えた』 感想

熱意が何より大事というのは同感。 もしドラ 第6話 『みなみは戦略と現状について考えた』 のレビューです。
メルクマール: 2011-05-07

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。