top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  アニメ感想【晶】  >  それでも町は廻っている 第12話 それ町 (終)

最新記事

QLOOKアクセス解析
晶 最新エントリー一覧 カニ 最新エントリー一覧 共同記事 最新エントリー一覧
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
javascriptをONにして下さい
 

スポンサーサイト --------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSS 第25話 上崎裡沙編 シンジツ(終) | topページへ戻る | 海月姫 第10話 愛とぬるま湯の日々

このページのtopに戻る

それでも町は廻っている 第12話 それ町 (終) 2010-12-24

第12話のあらすじ
叔父に貰った万年筆を改造した歩鳥。だがそれは高価なもので、さらに夏にその叔父が来ることに。
焦った歩鳥は推理小説を書いて応募するも、厳正な審査の結果、落選。
ショックを受けた歩鳥が地面に頭を下げた時、その場にトラックが・・・!?


まさかこのアニメで泣く日がこようとは・・・

それでも町は廻っている 第12話 それ町 です。
なにこの感動話・・・!
序盤の流れから、まさかこんな展開に来るとは思っていなかった。
それだけにすごく驚いたし、感動した。
いい最終回でした!

最初は歩鳥の推理小説ですね。
ゼリー島ってなんぞwwwしかも状況やら犯行理由が時事ネタすぎるwww
しかも小説書いた時間、2週間かよ(;−−)
厳正な審査でむしろよかったじゃなイカ・・・売れ残ったらオワタだぞwww

しかしまさかこんな面白い展開から、衝撃の展開にいくとは・・・
原作未読者は驚いたに違いないですね。ある意味未読でよかった!
確かに宇宙人から未来人、幽霊まで出るアニメですからねー。
死後の世界があっても不思議じゃなかったわ・・・
よくよく考えれば死後の世界があることは、『穴ツッコミじいさん』で示唆されてたか。

でも死んでも歩鳥は変わりませんね(^−^;)
ま、実感がわかない、というのが正直なところなんでしょうね。
しかしいきなりエジプトの古代ネタが来るとは。しかも日本人用とか、外国人用があるんだwww
そして日本式裁定は、おなじみの事務的処理でしたっていうね(笑)
なんというかすごく現実的です・・・案外、本当に死後の世界があったとしてもこんなもんな気がするなぁ。

そして案内係のおじさんに連れられて、ゲームセンター?へ。
衝撃の事実!?心霊写真はこうして作られていた!
原作者の先生の発想には驚かされるばかりですwww
そして誰の写真に、というので紺先輩を選ぶあたり、歩鳥らしいですね(^−^;)
よくよく考えたら、こういういたずらをする対象っていうのは
ある程度決まってますよね。歩鳥が本当に好きな人たちってことかな。

ここからですね。感動するのは・・・
おじさんに下界の様子が見れるから、と双眼鏡を見ることに。
そこには、嵐山歩鳥という一人の人間がいなくなっただけで、
悲しむ家族と、友人と、学校の先生と、町の人たちがいました。
いつもなんだかんだで、騒動の中心にいた歩鳥。
それでもみんなから好かれていたんですね。
ウキさんや警官のおじさんなど、一人一人の悲しみ様がすごく心に残っています。

町という大きな視点から見れば、その町に住む小さな1人がいなくなっただけです。
それでも町は廻ります。
そして、家族や友人や先生、知り合いから見たら、
歩鳥という小さいような、大きいような存在がいなくなってしまいました。
それでも町は廻ります。
このタイトル、『それでも町は廻っている』には、深い意味があるのでしょうね。

何よりも声優さんの演技、そしてシャフトの演出に乾杯でしょうね。
森秋先生の涙の見せ方や、警官のおじさんのメガネの斜光など、
シャフトらしさがいっぱいで、そして小見川さんの演技が本当によかった。
この方は本当に歩鳥にハマってたんだなぁって、今更ながら実感しました。
もらい泣きしてしまいましたよ。ただの笑い要素の強いアニメではないことを見せてくれました。

そして歩鳥の脳が奇跡的に回復、下界へ戻れる事に。
天界のおじさん、死んだ人に死を実感させるのが辛いといってましたね。
すっごくイメージですが、死後の世界があって、案内人がいるならば。
それはすごい事務的で、冷めてる印象があるんですよ。だからお役所のイメージはぴったりでした。
でも辛いんだなぁ、と。死んでもやっぱり人は人ということなのでしょうね。
そこは慣れちゃいけないところなんだと思います。人として。

ラストでは歩鳥が紺先輩にしたいたずらで、自分が怖がるというねw
こういう今までに起こった事を小ネタで入れてくるのが、本当に上手い話だなぁって思います。
そして万年筆もしっかりと対処済みwwwさすが歩鳥ズル賢いwww
最後は本当にらしく終わった感じでしたね。

総評です。
すごく面白かった!やっぱり日常で起こり得ることを題材にした話は面白い。
なぜなら、あるあるwwwと実感できるからでしょうね。
そして逆に宇宙人や未来人などの展開は、ないだろwwwと笑えてくる。
そういった面でも面白かったです。

それに時系列がバラバラなのも面白かったですね。
シャフトはホントにこういうの好きねwwwひだまりを思い出します(笑)
そして雰囲気がすごく良かったと思います。これは演出のなせる業なのかな?
大まかな雰囲気は同じだと思うのですが、話によっていろんな空気があったように感じます。
作画はキツキツだったろうに、それでもこの仕上がりにしてくれたのは本当にスタッフさんの努力ですね。
それ町に関わった皆様、ご苦労様でした。

欲を言えば、もっと歩鳥以外のメンバー視点での話が見たかった気がしますが、
このアニメはいろんな登場キャラの視点で、物語を動かしてたと思いますので、
ある意味では達成されてる気がしなくもない(笑)
素直に2期を希望かな?

大変面白かったです!木曜はアニメが多い中、ひときわ輝いてました。
実は木曜、見ているアニメが多い時には5本だったので・・・
面白くなかったら早々に切るつもりでしたが、そんなこともなく、モチベーションに繋がりました。
終わってしまうのは悲しいですが、また歩鳥たちと出会えたらうれしいですね。
とりあえず、いろいろ修正されているというBDを見ようかな(笑)

ではでは。


それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2010-12-24)
売り上げランキング: 287


figma それでも町は廻っている 嵐山歩鳥
Max Factory (2011-01-31)
売り上げランキング: 47



ポチってくれると嬉しいです。励みになります にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ   このエントリーをはてなブックマークに追加

アマガミSS 第25話 上崎裡沙編 シンジツ(終) | topページへ戻る | 海月姫 第10話 愛とぬるま湯の日々

このページのtopに戻る

《アニメ》それでも町は廻っているの関連記事

Loading...

このページのtopに戻る

コメント

※ネタバレ厳禁でお願いします。

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック


それでも町は廻っている 第12話 「それ町」 感想

ぐるぐる廻る―
wendyの旅路: 2010-12-24

それでも町は廻っている #12(終)

【それ町】それでも町は廻っている 3 [Blu-ray]出演:小見川千明ポニーキャニオン(2011-02-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るまさかそれ町で泣かされるとは・・・ 
桜詩〜SAKURAUTA〜: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終話) 「それ町」

■それでも町は廻っている 第12話(最終話) 「それ町」脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:岡田明信、龍輪直征 演出:龍輪直征 作画監督:宮西多麻子、伊藤良明、河野紘一郎、荻原省智、岩崎安利不覚に...
Welcome to our adolescence.: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終話)

それでも町は廻っている 第12話(最終話)『それ町』≪あらすじ≫入学祝にもらった万年筆に、なんと虫眼鏡を接着してしまうと言う横暴に出ていた歩鳥。その万年筆が超高級品とも知らず、さらに夏休みに...
刹那的虹色世界: 2010-12-24

それでも町は廻っている 十二番地 「それ町」

 ゼリー島殺人事件がテンプレすぎますね。
つれづれ: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話「それ町」

高級ペン切断事件じゃなくて、歩鳥交通事故じゃないですか(汗)辰野と紺先輩の喧嘩を止めようと歩鳥が出した万年虫♪モンブランの万年筆が残念なことに(^^;▼ それでも町は廻っている 第12話「そ...
SERA@らくblog: 2010-12-24

[終]それでも町は廻っている #12「それ町」感想

おじさんに貰った万年筆がかなりの高級品でそれを知らずに改造してしまった。それを取り返すためにミステリー小説の賞に応募するもあっけなく落選んで、あっさり死んでしまった歩鳥役所な受付でずるずる流れていく意外と適応力あるなぁ天国の手前みたいな所でゲームセンタ...
サブカルなんて言わせない!: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 感想「それ町」

それでも町は廻っているですが、メイド喫茶シーサイドでは紺先輩vs辰野後輩の言い争いが勃発しています。辰野が卓球部に入らなかったことが原因ですが、嵐山歩鳥がこの紛争を仲裁しようとします。歩鳥は万年筆に虫眼鏡を引っつけた秘密道具を取り出し、毛利元就の三本の...
一言居士!スペードのAの放埓手記: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終話) 「それ町」 感想

最後の最後でもやっちゃったかwww10万円もする高級な万年筆に何してくれちゃってるの(^^;僕の高校祝い・・・確かロレックスのレプリカだったぜw(ぇ)【関連サイト】http://seaside.ponycanyon.co.jp/
Garnet Clover〜ガーネット・クローバー〜: 2010-12-24

それでも町は廻っている第12話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2010/12/post-071e.html
うたかたの日々別館: 2010-12-24

それでも町は廻っている 12話(最終回)

あれ、霊界探偵にならないの?というわけで、「それでも町は廻っている」12話(最終回)死んだら驚いたの巻。いい話だなー。定番ながらジーンとなってしまったのだわ。無言で佇む ...
アニメ徒然草: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回...

町とは------------!?今日は双葉がシーサイドへ客としてやってくる。でも、なんだかとし子とは険悪な雰囲気。まだ中学のとき、卓球部に入らなかったことを根に持ってるよう。そこで歩...
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆: 2010-12-24

「それでも町は廻っている」第12話(終)

   12番地「それ町」(終)歩鳥、“何か”を製作中・・・。「それでも町は廻っている(前編)」 第二巻第13話よりシーサイドに紺がやって来て・・・卓球部に入らなかった辰...
日々“是”精進!: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」

歩鳥は、3400円!愛がいっぱいの3400円。なんかいいなぁ(*´ω`*)オチも上手かったですね。最終回も不思議な話でいい話!空気を読んでポコも出なかったポコ。高級ペン切断事件を解決するため、推理小説大賞に応募した歩鳥。ゼリー島はデフォル...
空色きゃんでぃ: 2010-12-24

【それでも町は廻っている】最終話 歩鳥は皆に愛されてるなぁ

それでも町は廻っている#12 それ町560 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 02:57:31 ID:SprdvPH90いい最終回だった・・・572 名前:風の谷の名無しさ...
HISASHI'S ver1.34: 2010-12-24

『それでも町は廻っている』第12話 感想

2010年秋アニメ最終回ラッシュも、本作でラスト(私にとっては)。寂しいなぁ。という訳で、『それ町』最終回です。サブタイトルもまんま「それでも町は廻っている」。原作通りです。モンブ...
シュミとニチジョウ: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話「それ町」(最終回)

最終話に何ともシュールでドッキリな話を歩鳥らしい臨死体験でしたね。モンブランの万年筆って高―!!よくお祝いの品物で万年筆って聞くけど確かに。小生は100円のボールペンでいいや(ぇ…100円の...
のらりんすけっち: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話「それ町」(最終回)

それでも町は廻っている 4 (ヤングキングコミックス)(2008/03/19)石黒 正数商品詳細を見る 歩鳥が死んであの世に逝きました。天国から回りの人の悲しむ様子を見ていく事により、自分がどれだけ愛されていた...
破滅の闇日記: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話「それ町」(終) 感想

「お前らなんて信用できるか! 私はひとりでいる!!」 死亡フラグ――かと思いきや紺先輩が犯人だった!「あいつが卓球部に入らなかったから殺してやったんだぁ!」 確かに恐ろしい事件だった。 そんな理由で殺されちゃあね。以下それでも町は廻って...
こう観やがってます: 2010-12-24

【アニメ】それでも町は廻っている 最終話 昭和で廃止になりましたよ

それでも町は廻っている 第12話(最終話)「それ町」 の感想を始まりは嵐山の発明品から始まった・・・その失敗作をなかったことにするために、ゼリーの頭をひねって考える目に見えていた現実に驚き、そのまま未知の世界を冒険するアニメ動画館に それでも...
おもしろくて何が悪い ケの人集会所: 2010-12-24

アマガミSS (最終話)

アマガミSS 第25話「シンジツ」 唐突に純一に告白した上崎裡沙。しかし、彼女は悪質なストーカーだった・・・ 知らない子から告白 「君のことよく知らないんだ。どこかで会ったことあった? それに、本当に僕でいいの?」 「あなた...
マンガとアニメの感想録とか: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」感想

最終回にして、ア歩鳥全開!
マナヅルさん家: 2010-12-24

それでも町は廻っている(アニメ) 第12話(最終回)の感想

シュールアニメ、それ町もついに終了。今回の話は予想斜めをいく展開。まさか、この方向に進むとは思わなかった。このアニメが日常ものだけじゃないことには、うすうす気づいていましたが。それ町第12話(最終回)「それ町」の感想です。メイズ参上!
赤嶋情報: 2010-12-24

『それでも町は廻っている』 12話(最終話)「それ町」

一瞬、ドラエモンがポケットから道具を取り出す時の、お馴染みのあの光景を思い出したよ。「まんねんむしぃ(万年虫)」って、みんなの前で歩鳥ってば、自信満々に可笑しいよね ...
日刊 Maria: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 「それ町」 感想

最終回らしい、良い話でした。これぞ最終回といった感じでしたね。原作も読みたくなってきましたよ。お帰りなさいませ、ご主人様。あいにくお探しのメイドは不在でございます。さあ、どこ...
ひえんきゃく: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話「それ町」

 死ぬのは、初めて?  朝から忙しかったのでこんな時間に。 今日はブログウォッチはムリかな…。 最終回でした。
アニメを考えるブログ: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話  「それでも町は廻っている」 感想

歩鳥は皆に愛されてるなぁ、本当にいい最終回でした。
でもにっしょん: 2010-12-24

それでも町は廻っている 最終回12話「それ町」

天国をコミカルに描きつつも、考えさせられる場面もあった「それでも町は廻っている」最終話でした。それでも町は廻っている 1 [Blu-ray](2010/12/24)小見川千明、悠木碧 他商品詳細を見る
新しい世界へ・・・: 2010-12-24

(アニメ感想) それでも町は廻っている 第12話 「それ町」

それでも町は廻っている 1 [Blu-ray]クチコミを見るもう最終回・・・感想を書かない時もあったけど視聴はしていました。最後ぐらいはちゃんと感想書かないとね。↑ポチって押して ...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人: 2010-12-24

それでも町は廻っている第十二話 感想

歩鳥の値段は3400円「それでも町は廻っている」第十二話感想です。それでも町は廻っている 1 [Blu-ray](2010/12/24)小見川千明、悠木碧 他商品詳細を見る
知ったかアニメ: 2010-12-24

それでも町は廻っている 第12話(最終回) 『それ町』 感想

これは反則でしょう。卑怯だ。それでも町は廻っている 第12話 『それ町』 の感想です。
メルクマール: 2010-12-25

それでも町は廻っている 最終回 #12 『それ町』 感想

 それでも町は廻っている―まさかまさかの天国回。歩鳥も自分の人生の意外な結末に最初はビックリしたことでしょう。うん、私にとってもこれは驚きの展開でした(笑)でも人がいなくなる時って...
隠れオタん家: 2010-12-25

それでも町は廻っている 第12話 最終回 感想

 それでも町は廻っている  第12話 『それ町』 最終回 感想 次のページへ
荒野の出来事: 2010-12-25

それでも町は廻っている 第12話 「それ町」 (終)

日常の営みの中でも時として大きな乱れが生じることもある。今回はそんなお話「それでも町は廻っている」の最終話。本文はあと。なにやら工作に勤しむ歩鳥。「それでも町は廻っている(前編)」...
ゆる本 blog: 2010-12-25

それでも町は廻っている 12

第12話 「それ町」実は今期一番のお気に入りだったかもしれないこの作品、ついに最終回です。なんだか懐かしの日本ってかんじで始まりました。紺先輩がシーサイドに。注文の仕方 ...
GIGASSA!!: 2010-12-26

それでも町は廻っている 第12話(最終回)「それ町」&シリーズ感想

シャフト、さすが過ぎる。これほどの出来映えに仕上げてくれたのは実に嬉しかった。
妄想詩人の手記: 2010-12-26

それでも町は廻っている 十二番地 「それ町」

作品タイトルがサブタイにもなった今回。いわゆる同作品の集大成的な話と言っても良いでしょう。まぁ、そもそも「それでも町は廻っている」というぐらいなんで、中途半端な終 ...
nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!: 2010-12-26

それでも町は廻っている 十二番地 それ町 レビュー キャプ 最終話

それでも町は廻っている(前編) もめている紺先輩と辰野…雰囲気を変えようと、歩鳥は自分の 発明品を見せる。それは万年筆と虫眼鏡を合体させた手作りの ものだった。自慢げに発明品を見せる歩鳥だったが、その おじさんからプレゼントされた万年筆がモンブランの高級万...
ゴマーズ GOMARZ: 2010-12-26

それでも町は廻っている 第12話(終)『それ町』

ここが歩鳥の職場かあ。あれ、紺先輩って学校祭の時にシーサイド来ましたよね。時系列がシャッフルされているんでしょうか。 そして何故かたっつんとギスギスした雰囲気。たっつんが卓球部に入らなかったことを、紺先輩は快く思っていなかったらしい。そんな雰囲気を和ま?...
こいさんの放送中アニメの感想: 2010-12-27

それでも町は廻っている 十二番地(最終回)

「それでも町は廻っている」の12話は、最終回で歩鳥の臨死体験です。
ホビーに萌える魂: 2011-01-10

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。